スキップ

カート

カート内に商品が入っておりません。
商品ページはこちら.

関税について


関税について

必ずしも全ての海外発送商品において関税が課せられるものではなく、課税の有無や税額については所轄の税関によって判断されるため、弊社では正確なご案内をすることができません。何卒ご理解ください。
関税法などの詳細については、以下のホームページをご覧ください。

外部リンク 関税について

税関ホームページ https://www.customs.go.jp

 

《関税の定め方について》
関税については、日本では「関税定率法」という法律により規定されており、実際の輸入時には、商品の原産地、素材、価格、数量等により税率や税額が細かく異なります。

そのため、個別の商品に関する課税の有無や税額については、事前に正確なご案内をすることができません

関税率は品物の素材、加工の有無、用途などによって大きく異なる場合がありますので、必要に応じて税関をはじめとする関係機関にご確認ください。

詳しくは税関ホームページをご覧ください。

なお、海外からの輸入に対しては、原則として関税とともに「輸入消費税」が課税されます。
そのため、関税額が0円の場合でも輸入消費税のみが請求されることがあります。あらかじめご了承ください。

 

参考情報

  • 簡易関税率について
    課税対象となる価格(一般的に商品価格の60%)が【20万円以下】の場合、「簡易関税率」が適用されます。
    ただし【20万円以下】の商品であっても、革製品・ハンドバッグ・靴など特定の品目は「簡易関税率の適用外」となりますのでご留意ください。
    ※参考:税関ホームページ 少額輸入貨物の簡易税率
     
  • 1万円以下の貨物について
    課税価格が1万円以下の貨物については、一部適用外となる品目を除き、関税・消費税は免除されます。

    <適用外となる品目>
    皮革製バッグ、革製手袋、履物、革靴、編物製衣類(Tシャツ、セーター等)
    ※参考:税関ホームページ 課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について
     
  • 個人用品特例について
    関税は、原則として、商品価格・保険料・送料などの合計価格を課税価格(課税対象額)として計算されます。
  • ただし、郵便小包で送られてくる品物に関しては、輸入者の「個人使用目的」である限りにおいて、実際の価格よりも卸売価格(程度)に課税価格が低く設定されます。

 

海外発送の商品をUSPSなどの日本郵便が国内の配達を行う配送方法にて注文した場合、購入者による通関手続きが必要となる場合があります。
通関手続きが必要な場合には、商品が配達される前にお知らせが届きます。
お知らせに記載のご案内に沿ってお手続きをお願いします。

 

「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」が届いた場合

お知らせに記載の内容に沿って、税関へ商品の価格や内容を回答する必要があります。
回答いただく内容については、「外国から到着した郵便物の税関手続きのお知らせ」の連絡事項をご確認ください。

税関への回答方法について詳しくは、税関ホームページ 「外国から到着した郵便物の税関手続のお知らせ」をご覧ください。

 


税関からお知らせが届かない場合

通関手続きは不要です。
関税がかかる場合には、配達時に配達員へ関税を支払いいただき商品をお受け取りください。

 

「輸入(納税)申告を必要とする可能性がある国際郵便物のお知らせ」が届いた場合

課税価格が20万円を超える場合、輸入申告をはじめとした通関手続きを行う必要があります。
なお、通関手続きは、購入者自身で行うか、日本郵便へ手続きの代行(有料)を委任するかご選択いただけます。
「輸入(納税)申告を必要とする可能性がある国際郵便物のお知らせ」に記載のご案内に沿って、通関手続きを購入者自身で行うか郵便局への回答をお願いします。

輸入(納税)申告を必要とする可能性がある国際郵便物のお知らせ(2021年6月現在)
《ご自身で通関手続きを行う場合》
  1. 日本郵便より「輸入(納税)申告を必要とする可能性がある国際郵便物のお知らせ」が届きます。
  2. 日本郵便へご自身で輸入申告することを回答いただきます。
  3. 税関に輸入申告書の提出および関税等をお支払いいただきます。
  4. 税関による審査・検査後に輸入許可を得られます。
  5. 輸入許可後、日本郵便へ配達依頼することで商品が配達されます。

手続きの詳細は、日本郵便ホームページ「通関手続の詳細」をご覧ください。

 

民間の配送会社(DHL、FedEx等)は、購入者に代わり通関手続きを行うため、購入者は関税の支払いのみ必要となります。

 

DHLからSMSが届いた場合、どうすればいいか

関税の支払いを行ってください。決済方法によって、必要な手順と支払いタイミングが以下の通り異なります。

クレジットカードで支払う(事前オンライン決済)

クレジットカードで支払う場合、荷物の受け取り前にオンラインで支払います。SMSに記載されているURLからDHLのページにアクセスし、クレジットカードのオンライン決済を行ってください。


※操作方法等で不明な点がありましたら、DHLカスタマーサービスへお問い合わせください。

現金で支払う(受取時支払い)

荷物の受取時に配達員に支払います。
現金支払いを希望する場合は、まずDHLカスタマーサービスへ電話または問合せフォームから連絡してください。

オンライン決済が行われず、DHLへの連絡も無い場合は、最大5営業日、荷物がDHLの営業所に留め置かれます。
6営業日以降に配達に切り替わり、関税は荷物の受取時に現金で支払うことになります(SMSのURLは無効となります)。
お早めにオンライン決済あるいはDHLへの連絡を行ってください。

 

営業所に留め置かれないケース

DHLが配送を佐川急便やその他運送会社に委託している地域が送り先の場合、SMSは送信されますが営業所に留め置かれることはなく、そのまま配達されます(SMSのURLは無効となり、関税は受取時に現金で支払うことになります)。

 

SMSが届かないケース

  • 受取人(購入者)の電話番号が固定電話等、SMSの受信ができない電話番号だった場合
  • 関税の請求額が30万円以上の場合

 

DHLカスタマーサービスの連絡先

DHL Expressでの関税の支払いについて、 ご不明な点はDHLカスタマーサービスへお問い合わせください。

メールでのお問合せ https://www.dhl.com/jp-ja/home/customer-service.html

 

電話でのお問合せ

 0120-39-2580

<受付時間>
8:00~19:00(月~木)
8:00~20:00(金、祝祭日前)
8:30~14:00(土)

 

※関税につきまして、弊社ではお電話でのご案内はしておりません。

メールにてお問い合わせください。

info@avenuetokyo.com